「令和最初の日トレッキング」 対馬市美津島町の城山

©株式会社長崎新聞社

 長崎県対馬市美津島町の城山(標高267メートル)で1日、「令和最初の日トレッキング」があり、島内外の約20人が参加した。

 対馬観光物産協会が飛鳥時代の元号「大宝」が対馬にちなんでいることをPRしようと企画。「大宝」は金が対馬から大和朝廷に貢がれたことが由来とされている。

 参加者は山頂で、令和にちなみ「0(れい)」のポーズをとって記念撮影。自分のルーツを探ろうと札幌市から訪れた対馬ひとみさん(35)は「対馬と昔の元号にゆかりがあったとは、知らなかった。一生ものの思い出になります」とほほ笑んだ。