西武秋山が2戦連発、勝ち越しソロで通算100号王手 調子上向き、5回で“猛打賞”

©株式会社Creative2

5回に3号ソロホームランを放った西武・秋山翔吾【画像:(C)PLM】

2試合連発で通算99号「追加点がとれてよかった」

■西武 – 日本ハム(2日・メットライフ)

 西武の秋山翔吾外野手が2日の日ハム戦(メットライフ)で2試合連発となる3号ソロを放ち、勝ち越しに成功した。秋山はこれで通算本塁打を99本とし、通算100号の大台に王手をかけた。

 同点で迎えた5回、2死走者なしで打席に入ると1ボール2ストライクから日ハム先発・金子が投じたスライダーを右中間スタンドに運んだ。3試合連続安打中と調子を上げている秋山。この一発がこの日の3安打目となり、5回で早くも“猛打賞”となった。秋山は「榎田さんがテンポよく投げている中で追加点がとれてよかった」と喜んだ。

 さらに、続く山川が四球を選び出塁すると、森が4号2ランをバックスクリーン横に突き刺し追撃に成功。リードを3点に広げ、この日が1軍復帰登板となった先発の榎田に嬉しい援護点をプレゼントした。(安藤かなみ / Kanami Ando)