雑木林に遺体埋める 遺棄容疑で男2人逮捕

©株式会社千葉日報社

大内さんの遺体が見つかった現場=3日午後9時半、東金市

 東金市の雑木林に大内軍際さん(79)=千葉市中央区白旗3=の遺体を埋めたとして、千葉中央署は3日、死体遺棄の疑いでいずれも同区大巌寺町の無職、進藤正幸容疑者(69)と大石徳雄容疑者(69)を逮捕した。県警は同署に50人態勢の特別捜査班を設置。2人が大内さんの死亡した経緯にも関与しているとみて、殺人容疑を視野に調べる。

 逮捕容疑は今年1月20~21日ごろ、東金市松之郷の雑木林に穴を掘り、知人の大内さんの遺体を埋め遺棄した疑い。特捜班によると、容疑を認め「車で遺体を運び、スコップで穴を掘った」などと供述している。

 進藤容疑者が今月2日午後1時ごろ、同区の交番に拾得物を届け出た際に「人を埋めてしまった。黙っているのが苦しくなった」などと自首したことから発覚。3日午前、供述通りの場所から遺体が見つかったため2人を逮捕した。

 遺体は同10時半ごろ、衣服と靴を身に着けあおむけの状態で土の中から見つかった。損傷が進んでいるという。司法解剖して死因を調べる。

 捜査関係者によると、穴の深さは60センチほど。3人はパチンコ仲間とみられる。他に関与した人物がいないか捜査する。

 大内さんは昨年2月と11月、金銭の貸し借りについての生活相談を同署へしていた。トラブルの有無や事件との関連を調べる。大内さんの捜索願などは出されていなかった。

 現場はJR東金駅から北へ約2.5キロの八坂神社近く。雑木林の鉄塔そばに埋められていた。