北朝鮮が飛翔体複数を発射

東部から日本海方向へ

©一般社団法人共同通信社

北朝鮮・虎島半島、日本、排他的経済水域(EEZ)

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は4日、北朝鮮が同日9時6分ごろから同27分ごろ(日本時間同)にかけて、同国東部・虎島半島付近から北東の日本海方向に飛翔体数発を発射したと明らかにした。70~200キロ程度を飛行したという。

 韓国の聯合ニュースは、発射されたものは弾道ミサイルではないとの見方を韓国軍関係者が示したと報じた。ロケット砲などの可能性があるとみられる。

 日本の内閣官房は、発射に関し「報道はあったが、わが国の領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されていない」と発表した。