韓国映画界最強の“アニキ”マ・ドンソク主演最新作が2作連続公開

©株式会社近代映画社

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『犯罪都市』で日本でも人気急上昇し、韓国映画界最強の男といわれるマ・ドンソク主演最新作が2019年6月28日(金)より2作続けて公開されることが決定した。

一本目は韓国初登場第1位となった『無双の鉄拳』

6月28日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショーとなるのが、韓国初登場第1位となった『無双の鉄拳』。

主人公は一度キレたら誰にも止められない“雄牛”という異名で恐れられた男ドンチョル。今では市場で働きながら、愛する妻ジスと慎ましやかに暮らしている。一途なジスの存在が、荒んだ生活を送っていたドンチョルを闇の世界から戻してくれた。

ある夜、些細な諍いでジスを怒らせてしまったドンチョルは急いで自宅に戻るが、そこにジスの姿は無く部屋が荒らされていた。そして、ドンチョルの携帯に何者かから電話が入る。電話の主はジスを誘拐したと言うが、ドンチョルに身代金を要求するのではなく、逆に金を渡すからジスの事は忘れろと提案してくる。誘拐犯の目的は一体何なのか。警察の捜査はままならず、怒りに震えるドンチョルはジスを救うために独自で動き出す―。

無双の鉄拳
2019年6月28日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー
配給:アルバトロス・フィルム
COPYRIGHT © 2018 SHOWBOX, PLUSMEDIA ENTERTAINMENT
AND B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.

二本目は女子高生失踪事件に挑む熱血教師を演じた『守護教師』

二本目の『守護教師』は2019年8月2日(金)よりシネマート新宿・心斎橋にて全国順次公開。

かつてボクシングのチャンピオンだったギチョルは、暴力沙汰によりコーチの職を失ってしまう。そんなギチョルが新たに見つけた仕事は、女子高の体育教師だった。しかし、それまで男ばかりの世界で過ごしてきたギチョルは、女生徒たちに囲まれて戸惑うばかり。

なんとか学校に馴染もうとする中、不登校中の同級生の行方を探すユジンと出会う。その生徒は、家にも帰らずに忽然と姿を消してしまったのだという。他の教師はだだの家出だと取り合わず、警察は口ばかりで全く捜査も進展しない。まるで、意図的に行方を探していないかのように。ギチョルがこの町の不穏な空気を感じる中、今度はユジンが何者かに襲われる。ギチョルは、ユジンに代わり生徒の行方を探そうとするが―。

守護教師
2019年8月2日(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー
配給:アルバトロス・フィルム
© 2018 CJ ENM & DAYDREAM. All Rights Reserved.

このたび『無双の鉄拳』のポスターと予告編が完成、合わせて『守護教師』の場面写真も解禁された。

『無双の鉄拳』で演じるのは、愛する妻を命がけで救おうとする怒れる男。『守護教師』で演じるのは女子高生失踪事件に挑む熱血教師。韓国最強の“アニキ”の異名を持つマ・ドンソクの異なる魅力を堪能できる二本だ。