中日、令和に入って4連敗… 柳が6回8失点炎上 ヤクルト、5回一挙7得点

©株式会社Creative2

中日・与田剛監督【写真:福谷佑介】

ヤクルト先発の高梨は7回3失点で3勝目をマーク

■ヤクルト 8-4 中日(4日・ナゴヤドーム)

 中日が4連敗を喫し、令和に入っての未勝利が続いてしまった。4日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦。同点で迎えた5回に大量7失点。一気にリードを広げられて敗れた。

 同点で迎えた5回。先発の柳は先頭の西浦、続く中村に連打を浴び、高梨の犠打で二、三塁に。太田の遊ゴロで京田は本塁に送ったが、西浦がタッチをかいくぐり野選となり勝ち越された。続く上田はセーフティースクイズ。これを処理したビシエドが間に合わない本塁へ送って、この日2つ目の野選となった。

 こうなると歯止めが利かなくなった。右腕は青木に四球を与えると、山田、村上、西浦に適時打を浴びて、この回大量7失点。柳は6回まで投げて10安打2四球で8失点。打線も福田のバックスクリーンへの4号ソロなどで4点止まりだった。

 ヤクルトは2連勝。5回には西浦、中村が1イニングで2本お安打を放つなど、打者一巡の猛攻で大量7点を奪った。先発の高梨は7回6安打3失点で3勝目をマークした。(Full-Count編集部)