「元号は国の理想掲げるもの」

中西進氏が富山で講演

©一般社団法人共同通信社

富山市で講演する国文学者の中西進氏=4日午後

 元号「令和」の考案者とみられている国文学者の中西進氏は4日、富山市内で講演し「元号は国の理想を掲げるもので、国民の倫理コードだ」と語った。

 講演は令和の典拠とされる万葉集がテーマで、中西氏は元号の歴史や込められた意味なども解説した。令和については、「『令』は秩序を持った美しさ、麗しいという意味」とし「麗しく平和をグレードアップさせていく時代」と述べた。

 中西氏は万葉集の代表的歌人で編者とされる大伴家持らを紹介する「高志の国文学館」(同市)の館長を務める。講演には県内の中高生ら約800人が集まった。