広島、日本野球機構に意見書提出

オーバーランの判定巡り

©一般社団法人共同通信社

1回、菊池涼のプレーを巡りリクエスト後、アウト判定となった結果に猛抗議する広島・緒方監督(左)。この後、退場処分となる=マツダ

 広島の鈴木清明球団本部長は4日、巨人7回戦(マツダスタジアム)で緒方監督が退場処分を受ける契機となったプレーについて、日本野球機構(NPB)に意見書を提出したと明らかにした。

 一回に菊池涼が遊撃手の悪送球で出塁したが、一塁をオーバーランしたとしてタッチアウトになった。リクエストによるリプレー検証でも判定は覆らず、緒方監督が抗議して退場となった。

 鈴木本部長は「規則にオーバーランしても、直ちに帰塁するのであればアウトにならないと書いてある。何に対してリプレー検証したのか」と話し、緒方監督は「プレー自体を検証してくれると思った」と説明した。