北朝鮮発射は新型ミサイル

国連決議違反の短距離弾道弾か

©一般社団法人共同通信社

4日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が指導した火力打撃訓練の様子(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮国営メディアは5日、朝鮮人民軍が4日、金正恩朝鮮労働党委員長立ち会いの下、日本海上で火力打撃訓練を行ったと報じ、垂直に打ち上がるミサイルの写真を公開した。韓国国防省は5日、新型だとの分析を発表した。専門家らは短距離弾道ミサイルだと指摘。事実なら射程の長短にかかわらず北朝鮮に弾道ミサイル発射を禁じた国連安全保障理事会決議に違反する。

 韓国軍は4日、北朝鮮が東部の虎島半島付近から日本海方向に飛翔体数発を発射したと発表していた。韓国国防省によると、多連装ロケット砲や「新型戦術誘導兵器」が発射され、70~240キロ飛行した。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長