鷹千賀好投で3連勝&貯金最多7、西武サヨナラで5割復帰 …4日パ・リーグは?

©株式会社Creative2

3勝目を挙げたソフトバンク・千賀滉大(左)と松田宣浩【写真:藤浦一都】

オリックスの成瀬は移籍後初登板初先発も3回途中4失点で降板

 パ・リーグは4日、各地で3試合が行われた。

 首位のソフトバンクはヤフオクドームでオリックスに4-0で3連勝。貯金を今季最多の7に伸ばした。先発の千賀が7回3安打無失点、9奪三振の好投で無傷の3勝目。2桁奪三振は4試合でストップした。初回に松田宣、グラシアルの連続適時打で2点を先制、3回には松田宣の適時二塁打、内川の犠飛でリードを広げた。オリックスは移籍後初登板初先発となった成瀬が3回途中4失点で降板したのが痛かった。

 ロッテはZOZOマリンスタジアムでの日本ハム戦に3-2で勝利し連敗を2で止めた。1点を追う8回に角中の右前適時二塁打で同点に追いつくと、2死二塁から井上が中前適時打を放ち勝ち越しに成功した。日本ハムは8回に登板した宮西がリードを守り切れず今季初黒星を喫した。

 西武は、メットライフドームでの楽天戦を延長11回、7-6でサヨナラ勝ち。勝率を5割に戻した。2点を追う9回1死一塁から代打・メヒアが3号2ランを放ち土壇場で同点に追いつくと延長11回に金子侑が中前タイムリーを放ち試合を決めた。楽天は守護神・松井らリリーフ陣が踏ん張り切れなかった。(Full-Count編集部)