大島空港が運用再開、伊豆大島

安全委、機体状況調査

©一般社団法人共同通信社

 東京・伊豆大島の大島空港に着陸した小型プロペラ機が滑走路をオーバーランしたトラブルで4日から閉鎖されていた滑走路が5日午前10時半に運用を再開した。

 空港管理事務所によると、現場の状況を写真で撮影した上で、機体を移動させた。運輸安全委員会の航空事故調査官も5日午前、船で現地に到着。機体の損傷の有無を調べたり、関係者から聞き取りをしたりする。

 東京・調布飛行場と大島を結ぶ定期便を運航する新中央航空によると、滑走路閉鎖の影響で、5日午前中の1往復が欠航したが、臨時便を運航して対応する。