自転車10台積める路線バス運行

北海道・函館周辺、外国客増狙う

©一般社団法人共同通信社

自転車を載せられる「サイクリングバス」の内部を紹介する函館バス営業課の伊藤龍一さん=4月、北海道函館市

 北海道南部で路線バスなどを走らせる函館バス(函館市)が、自転車10台を載せられる「サイクリングバス」の運行を4月から土日祝日限定で始めた。自転車愛好家や外国人旅行者に自然豊かな沿線地域を気軽に巡ってもらう狙い。

 観光地として人気が高い函館市と日本海に面した江差町を結ぶ路線で、土日祝日に1日2往復、計4本を運行する。車内後部の座席は撤去。折り畳んだり、分解したりせず、自転車10台を積み込めるスペースを確保した。利用料金は通常のバス運賃に加えて500円。「国内バス業界では、前例がない規模の車両改修ではないか」と同社。