伝統の「那覇ハーリー」に歓声

豊漁と航海の安全祈願

©一般社団法人共同通信社

豊漁と航海の安全を祈願し、行われた沖縄の伝統行事「那覇ハーリー」=5日午後、那覇市

 豊漁と航海の安全を祈願する沖縄の伝統行事「那覇ハーリー」が5日、那覇市の那覇新港であった。竜をかたどった手こぎ船で速さを競う「本バーリー」では、地元の男性が懸命に櫂をこぐ勇姿に歓声が上がった。

 竜の頭や尾を模した全長14.5メートルの「爬竜船」に、こぎ手や旗持ち、かじ取り役ら42人ずつが乗船。船首で打ち鳴らす鐘の音と掛け声に合わせ、水しぶきを上げながら630メートルのコースを進んだ。見物する子どもたちからは「頑張れー」と声援が飛んだ。

 那覇ハーリーは約600年前に中国から伝わったのが起源とされる。