バレー、2連覇懸けパナが決勝へ

全日本選抜、女子は東レと日立

©一般社団法人共同通信社

パナソニック―JT 第1セット、スパイクを決めるパナソニック・清水=丸善インテックアリーナ大阪

 バレーボールの全日本男女選抜大会第5日は5日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で準決勝が行われ、男子は大会2連覇が懸かるVリーグ王者のパナソニックと、4年ぶりの王座を目指すサントリーが6日の決勝に進出した。

 女子の決勝は9年ぶりの優勝を狙う東レと、初の頂点に挑む日立の顔合わせとなった。

 男子のパナソニックはJTをストレートで退け、サントリーは東レを3―1で下した。女子の東レは前回覇者のJTを3―1で破り、日立は3―2で岡山シーガルズに競り勝った。

JTを破って決勝進出を決め、喜ぶ東レの選手たち=丸善インテックアリーナ大阪