米国、対中関税引き上げ方針

大統領「全輸入品に25%」

©一般社団法人共同通信社

トランプ大統領=1月、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は5日、米中貿易摩擦に関し、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆円)分に対する追加関税率を10日に10%から25%に引き上げる方針をツイッターで表明した。貿易協議の進展が「遅すぎる」と不満を訴え、全輸入品への制裁を念頭に、これとは別に「3250億ドル分の輸入品にも速やかに25%の関税を課す」と強調した。

 これを受け、中国外務省の耿爽副報道局長は6日の記者会見で、米ワシントンで8日から開かれる予定の閣僚級の貿易協議について「中国側代表団は現在、訪米する準備をしている」と述べ、協議継続の意向を示した。