ロシアとベネズエラの外相が会談

米の軍事介入をけん制

©一般社団法人共同通信社

5日、共同記者会見後に握手を交わすロシアのラブロフ外相(右)とベネズエラのアレアサ外相=モスクワ(AP=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は5日、モスクワで南米ベネズエラのアレアサ外相と会談し、反米左翼マドゥロ政権と野党勢力の対立で混乱が続くベネズエラ情勢について協議した。両外相は、野党勢力を支持する米国が示唆している軍事介入に懸念を表明し、けん制。対話による解決が必要との立場で一致した。

 ラブロフ氏は6日にフィンランドで米国のポンペオ国務長官と会談し、ベネズエラ情勢を協議することを確認した。

 会談後の共同記者会見でラブロフ氏は「ベネズエラへの軍事力行使は同国だけでなく、中南米地域全体への侮辱となる」と警告した。