バレー、サントリーが4年ぶりV

女子は9年ぶり東レ

©一般社団法人共同通信社

日立を破り優勝、笑顔で写真に納まる東レの選手たち=丸善インテックアリーナ大阪

 バレーボールの全日本男女選抜大会最終日は6日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で決勝が行われ、男子はサントリーが4年ぶり8度目の頂点に立った。女子は東レが9年ぶり5度目の優勝。

 サントリーはVリーグ覇者で2連覇が懸かったパナソニックを3―1で破った。ムセルスキーの高さを武器に戦い、サーブも好調で第4セットは競り勝った。

 東レはクランと石川佑を軸に、初優勝を目指した日立をストレートで下した。

 最高殊勲選手には男子がムセルスキー、女子はクランがともに初選出された。

パナソニックを破り、4年ぶり8度目の優勝を決め、大喜びのサントリー・藤中(10)ら=丸善インテックアリーナ大阪