登別市内で迷惑投棄相次ぐ

©株式会社室蘭民報社

 室蘭署に「(登別市内で)汚物入りのビニール袋が市道に捨てられ迷惑している」といった相談が相次いでいる。同署は1日から同市や住民と合同でパトロールを実施。同市道は児童の通学路でもあり、同署は廃棄物処理法違反を視野に捜査を進めている。

 同署などによると昨年4月以降、同市富岸町一帯で、尿入りのビニール袋の投棄被害が増加。冬期間は減少したものの雪が解けた3月以降、月4~5袋のペースで投棄が確認され、再び増加傾向にあるという。同署と市は1日、町内会も含め約25人でパトロールを実施。6月中旬まで定期的に行う予定で、同町の70代の男性は「大変迷惑しているし、子どもたちへの影響も心配している」と語った。