細胞内へ物質を早く安全に届ける金属製ナノ加工穿刺スタンプを開発

©株式会社共同通信PRワイヤー

2019.05.07
早稲田大学

細胞内へ物質を早く安全に届ける金属製ナノ加工穿刺スタンプを開発

◆発表のポイント
●大きさ・形状・電荷などの異なる物質を簡便かつ効率良く安全に生体膜で覆われた
細胞内へ届ける技術の開発が望まれてきた。
●一度押印するだけで低分子から高分子などの物質を細胞内に導入可能なスタンプの
開発に成功。
●細胞に関する基礎研究から、再生医療や創薬、培養促進など応用研究への展開が
期待される。

◆概要
早稲田大学大学院情報生産システム研究科の三宅丈雄(みやけたけお)准教授と
北九州市立大学大学院環境生命工学科の中澤浩二(なかざわこうじ)教授の
研究グループは、微細加工技術(無電解メッキとエッチング技術の融合)を用いて
金属製ナノ加工穿刺薄膜を開発し、これを細胞に挿入することでナノ管を通して
細胞内に物質(カルセイン色素やオリゴDNA)を効率良く導入することに成功しました。
本手法は、細胞へナノ管を直接挿入できるため、エンドサイトーシスを介さない
細胞内アクセスを実現します。また、一度のスタンプで多くの細胞に多種の物質を
導入できる簡便さと高い導入効率を達成しました。さらに、導入したいタイミングを
調節することも可能です。物質の導入により未知なる機能を探る、あるいは細胞内機能を
制御する新たなツールが生まれました。

本研究成果はNature Publishing Groupの電子版科学誌「Scientific Reports」に
2019年5月2日(イギリス時間)にオンライン掲載されました。