奈良公園で令和初の子ジカ

平成元年生まれの職員発見

©一般社団法人共同通信社

報道陣に公開されたシカの赤ちゃん=7日午後、奈良市

 奈良市の奈良公園で元号が令和となってから初めてシカの赤ちゃんが生まれ、報道陣に7日公開された。赤ちゃんを見つけた「奈良の鹿愛護会」職員飯尾英郎さん(29)は1989(平成元)年生まれで「同じ元年生まれで面白いと思った。令和生まれとして長生きしてほしい」と笑顔だった。

 公園内にあり、シカを保護している施設「鹿苑」で7日午前8時半、飯尾さんが、朝の餌やりのため見回りしているときに鹿苑の木の陰に座っていたのを見つけた。体長54センチ、体重3キロの雌。懸命に立ち上がり、か細い足で草の上を跳びはねた。