米海軍、硫黄島で離着陸訓練

空母艦載機、5月中旬に

©一般社団法人共同通信社

 防衛省は7日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンの艦載機が9~19日の日程で、東京・小笠原諸島の硫黄島の滑走路を空母に見立てて離着陸する訓練(FCLP)を実施すると発表した。在日米軍司令部から通知があったとしている。

 防衛省によると、空母艦載機は米軍岩国基地(山口県)に配備されており、FA18戦闘攻撃機など固定翼の全機種が訓練を予定している。

 米側は悪天候などで訓練ができない場合、16~19日の午前10時から午後10時に米軍の三沢基地(青森県)や厚木基地(神奈川県)、岩国基地を使用する可能性があるとしている。