毎日の料理がラクに!離乳食と幼児食の両方を作るときのポイント

©株式会社ベビーカレンダー

この記事では、保育士・離乳食インストラクターの中田さんが、毎日の料理がラクになる、離乳食と幼児食の両方を作るときのポイントを紹介しています。食材の選び方、幼児食からとりわけ離乳食を作る方法とポイントなどをまとめて解説!

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。

ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、保育士・離乳食インストラクターの中田さんからメッセージです。

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。上の子がいると、離乳食と幼児食の両方を作らなければいけない時期があります。私も、娘の離乳食がスタートしたとき、息子はまだ4歳。いかにカンタンにおいしく、短時間で家族全員の食事を作るかを考えて調理していました。

今日は、幼児食と離乳食の両方をラクに作れるコツを話します。

食材は下の子が食べられるものを選ぶ

メニューを決めるときに、下の子が食べられる食材を選びましょう。例えば、5~6カ月ごろ(離乳食初期)の赤ちゃんがいる場合は、1~2品は5~6カ月ごろ(離乳食初期)の赤ちゃんが食べられる食材中心に考えます。

食材が決まったら、幼児食からのとりわけ離乳食を作りましょう。

【どの時期にも共通する食材選びの3つのポイント】
・主食(おかゆ、麺など)があること
・豆腐、魚、肉などがあること
・野菜があること

幼児食からのとりわけ離乳食の方法

では、具体的に幼児食から5~6カ月ごろ(離乳食初期)の離乳食を取り分けるにはどうすればいいかをお伝えします。

【メニュー例】
・ご飯
・みそ汁(豆腐、にんじん、たまねぎ) ⇒ 離乳食に取り分ける
・かぼちゃの煮物(かぼちゃ) ⇒ 離乳食に取り分ける
・唐揚げ ⇒ 幼児食のみ
・ブロッコリーのサラダ ⇒ 取り分けられる食材だが今回は幼児食のみ

こうして、離乳食期に食べられる食材を幼児食メニューから取り分けるのです。

幼児食からのとりわけ離乳食のポイント

赤ちゃんが食べられない食材を入れることと味つけは最終工程にします。例えば、肉じゃがを5~6カ月ごろ(離乳食初期)の離乳食用に取り分ける場合は下記のようにします。

【1】牛肉は2cm幅に切る。じゃがいも、にんじんは一口大に切る。たまねぎは縦半分に切り繊維に沿って1cm幅に切る。

【2】鍋に昆布だし、じゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れ沸かし、やわらかくなるまで弱火~中火で煮る。
⇒ここで、5~6カ月ごろ(離乳食初期)の離乳食用に取り分ける。裏ごしして煮汁でなめらかにして完成。

【3】牛肉と調味料(しょう油、きび砂糖)を入れ、味がしみこむまで煮る。

肉じゃがの場合、5~6カ月ごろ(離乳食初期)に食べられるのは、じゃがいも、にんじん、玉ねぎのみなので、それ以外の牛肉、調味料は取り分けたあとに入れるのです。

大人は幼児食と同じものを食べる

手順2つを見ていて「あれ?これって大人にも使えるのでは?」と気づいた人もいるのではないでしょうか? もちろん、大人のメニューも同じ手順で作ることができます。とはいえ、離乳食・幼児食・大人の食事の3種類を作るとなると毎日大変です。だからこそ私は、3〜4歳のお子さんに大人と同じものを食べさせるのではなく、大人が幼児食と同じものを食べることをおすすめします。

最初は「薄い」と感じるかもしれませんが、徐々にだしと食材そのものの風味や味がおいしく感じられるようになります。離乳食や幼児食を通して、普段の私たちの味つけや調理方法の見直しにもなります。また、数年後に赤ちゃんが幼児食を食べるようになったときも、メニューを大きく変えることなく、家族みんなが同じメニューを食べられます。

毎日の食事作りを少しでもカンタンに作れると、ママもラクになりますよね。取り入れられるところからでもいいので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


著者:保育士 一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長 中田馨

0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。現在は、保育士のやわらかい目線での離乳食の進め方、和の離乳食の作り方の講座で、ママから保育士、栄養士まで幅広く指導。離乳食インストラクターの養成をしている。「中田馨 和の離乳食レシピ blog」では3000以上の離乳食レシピを掲載中。