阪神、秋山6回途中1失点で2勝目&ドラ3木浪がV打 ヤクルト原6回2失点も2敗目

©株式会社Creative2

阪神秋山は5回1/3、5安打8奪三振1失点で2勝目

■阪神 3-1 ヤクルト(7日・神宮)

 阪神は7日、敵地でのヤクルト戦を3-1で勝利した。1点を追う4回に梅野の内野ゴロで同点に追いつくと、ドラフト3位ルーキー・木浪のタイムリーが飛び出し勝ち越しに成功した。投げては6回途中1失点で2勝目を挙げた。

 阪神は1点を追う4回。大山、福留の連打で無死二、三塁のチャンスを作ると梅野の遊ゴロの間に同点に追いつくと、さらに1死一、二塁から木浪が右前タイムリーを放ち勝ち越しに成功した。

 1点リードの9回には無死一、二塁から近本のバントを三塁の大引が一塁へ悪送球し貴重な追加点を奪った。

 先発の秋山は5回1/3、5安打8奪三振1失点の力投で2勝目。ヤクルトは先発の原が6回2失点の好投を見せたが打線が援護できなかった。(Full-Count編集部)