NY株急落、473ドル安

米中貿易摩擦を懸念

©一般社団法人共同通信社

7日のニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中貿易摩擦の深刻化への懸念から急落し、前日比473.39ドル安の2万5965.09ドルで取引を終えた。下げ幅は1月3日以来約4カ月ぶりの大きさで、一時650ドルに迫った。

 7日の東京市場では日経平均株価が大幅続落し、欧州市場でも主要株式指数が軒並み下落した。二大経済国である米中の貿易協議を巡る混乱が、世界同時株安を招いた。

 トランプ米大統領が5日、中国からの輸入品に対する追加関税を引き上げると表明。ライトハイザー米通商代表も6日、準備に入ったと説明した。