西武ドラ1松本航、17日からのオリックス3連戦で1軍デビューへ 課題の先発陣に厚み

©株式会社Creative2

西武・松本航【写真:荒川祐史】

11日の巨人との2軍戦に先発、順調にいけば17日からの敵地オリックス3連戦で登板か?

 西武のドラフト1位ルーキー・松本航投手が17日からのオリックス3連戦(京セラ)で初先発する可能性が浮上した。松本航は開幕ローテーション入りが決定していたが、3月下旬に軽度の肺炎を患い戦線離脱していた。

 期待の即戦力ルーキーがいよいよ復活間近だ。松本航は4月17日のヤクルトとの2軍戦で実戦復帰を果たし、順調に調整を重ねてきた。4日のDeNAとの2軍戦では7回無失点の好投を見せ、「ストレートで押したいというテーマもあったし、目標を持って投げられた」と手応え十分だ。

 杉山2軍投手コーチも「1軍で戦わないといけない投手」とその実力を評価している。松本航は11日の巨人との2軍戦に先発することが決定しており、結果次第では17日からの敵地でのオリックス戦で登板することになりそうだ。

 2日には同じく開幕前に離脱した榎田が1軍復帰し即今季初勝利をあげたばかり。松本航が戻れば、課題である先発投手陣の層に厚みが増しそうだ。(安藤かなみ / Kanami Ando)