<東金遺棄>男性の死因は不詳

©株式会社千葉日報社

 千葉県東金市の雑木林に大内軍際さん(79)=千葉市中央区白旗3=の遺体が埋められた事件で、県警は6日、司法解剖の結果、死因は不詳、死後1~4カ月程度経過していたと発表した。

 事件を巡っては、県警が3日、東金市松之郷の雑木林に今年1月20~21日ごろ、大内さんの遺体を埋めて遺棄した疑いで、いずれも千葉市中央区大巌寺町の無職、進藤正幸容疑者(69)と大石徳雄容疑者(69)を逮捕。進藤容疑者が2日に同区の交番に自首し、3日になって供述通りの場所から遺体が見つかった。

 遺体を運んだとされる軽乗用車には、大内さんが千葉中央署に相談した金銭トラブルに関係する60代女性が同乗していたとみられ、県警は女性が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。