一部改良の『アウディTT』がS lineエクステリア標準採用。20周年記念限定車も

©株式会社サンズ

 アウディ・デザインを象徴するプレミアムコンパクトスポーツの『アウディTT』と、その高性能版『TTS』が大幅な改良と仕様変更を受け、エントリーモデルのエンジンパフォーマンスを向上させると同時にS lineエクステリアが標準装備されるなど、よりスポーティな装いに進化し、5月9日より発売開始となる。

 1998年にコンセプトモデルそのままの姿で登場し、カーデザインの分野に衝撃を与えた初代TTから、すでに3世代にわたって進化を続けてきた『アウディTT』。そのシリーズの国内導入開始から20年が経過したのに合わせて、アイコン的存在として個性を放つエクステリアデザインをよりスポーティに変更。FFエントリーモデルのAudi TT Coupe 40 TFSIはエンジンパワーを強化し、装備充実化など大幅なアップデートが施される。

 4グレードが投入される『アウディTT』は、スポーツモデルにふさわしく軽量かつ高剛性なアルミニウムとスチールの複合構造ASF(アウディスペースフレーム)のボディに、2リッター直噴ガソリンターボエンジン(2.0 TFSI)を搭載。

 そしてFFエントリーのCoupe 40 TFSIは従来比+17PS/+70Nmの197PS/320Nmと、そのパフォーマンスが大きく見直された。

 また、スタンダードモデルのエクステリアは従来のS lineエクステリアのデザインを取り入れ、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインを変更。また、シングルフレームグリルはマットブラックペイントの立体的な3Dハニカムメッシュグリルを採用し、Audi R8のエッセンスを取り入れたスポーティなものとなっている。

 一方のインテリアでも、従来S lineパッケージ装着車のみの設定だった、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア(ウインドウスイッチ/ペダル)を、オプションのスタイルパッケージ(40 TFSI)やコンフォートパッケージ(45 TFSI quattro)に新設定。

スタンダードモデルのエクステリアは従来のS lineエクステリアのデザインを取り入れ、バンパー、サイドスカート、リアディフューザーのデザインを変更
FFエントリーのCoupe 40 TFSIは従来比+17PS/+70Nmの197PS/320Nmと、そのパフォーマンスが大きく見直された
レザーパッケージや、新S lineパッケージ装着車では、それぞれシート表皮や新形状シートを採用するなど、スポーティさとプレミアム感が向上している

 さらにレザーパッケージや、新S lineパッケージ装着車では、それぞれシート表皮や新形状シートを採用するなど、スポーティさとプレミアム感が大幅に高められた。

 そして、シリーズ誕生20周年を記念してつくられた世界限定999台の特別仕様車『アウディTT 20 years』では、Coupe 45 TFSI quattro(230PS/370Nm)をベースに、コンフォートパッケージ、B&Oサウンドシステム、マトリクスLEDヘッドライト、マグネティックライド等を標準装備。

 さらにインテリアでは、Sスポーツシート、ステアリング、シフトノブ&ブーツ、ドアアームレスト、センターコンソールなどに専用のイエロー コントラスト ステッチを施したモカシンブラウンのファインナッパレザーを使用。ステアリングホイールとシフトノブには ”TT 20 years”エンブレムを配し、エンジンスタートボタンの脇にはシリアルナンバーを刻印したバッジも備わるなど、さらに特別な1台に仕上げられている。

 エクステリアでもマトリクスOLEDリアライトやガンメタルエフェクトペイントの専用19インチホイールを装着。ボディサイドにはマット仕上げのフォーリングスのロゴが備わり、ボディカラーは専用色のアローグレーPEを採用して国内は20台限定で価格は759万円に。

 カタログモデルの『アウディTT』は、479万〜615万円。高性能版『TTS』が799万円となり、『20 years』と『TTS』のみ、遅れて6月10日からの発売開始が予定されている。

シリーズ誕生20周年を記念してつくられた世界限定999台の特別仕様車『アウディTT 20 years』
専用のイエロー コントラスト ステッチを施したモカシンブラウンのファインナッパレザーを採用したシート
エンジンスタートボタンの脇にはシリアルナンバーを刻印したバッジも備わる

Audiコミュニケーションセンター・フリーダイヤル:0120-598106