【MLB】大谷翔平が復帰、4打数無安打も監督は四球や痛烈打球に安堵「問題なかった」

©株式会社Creative2

復帰戦に望んだエンゼルス・大谷翔平(右)とハイタッチを交わすオースマス監督【写真:Getty Images】

無安打も1四球、無事に復帰戦を終えてオースマス監督も安堵「問題なかった」

■エンゼルス 5-2 タイガース(日本時間8日・デトロイト)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、「3番・DH」でメジャー復帰した。昨年10月1日に右肘のトミー・ジョン手術を受けてから219日ぶりのメジャー復帰戦は4打数無安打1打点、1四球2三振という結果に。チームは5-2で勝利し、連敗を2で止めた。ブラッド・オースマス監督は試合後に「彼は問題無かった」と無事に復帰戦を終えたことを喜んだ。

 大谷は初回は見逃し三振に倒れるも、3回1死二、三塁では相手先発の左腕・ノリスのスライダーに苦しみながら、遊ゴロでチーム2点目となる今季初打点をマーク。その後2打席は凡退。7回1死二塁では打球速度93マイル(約150キロ)の痛烈なライナーも相手三塁手の美技に阻まれ、三直だった。最後の打席となった9回2死二塁では四球を選び、シモンズのダメ押し打を演出。走塁中には右肘に固定具を付けた。

 試合後、オースマス監督は「彼は問題無いようだった。四球もあったし、痛烈な当たりもあったから」と振り返った。試合前には、2番トラウトの後を打つ3番に大谷を固定する方針を明かし、相手投手が右腕でも左腕でも関係なく起用すると明言していたが、「今日のほとんどは左投手(ノリス)との対戦だったわけだし、彼は問題無かった」と振り返った。

 大谷は4月下旬に実戦形式の打撃練習「ライブBP」を開始し、マイナーでの実戦を経ずに6日にデトロイト入り。この日チーム本隊に合流し、いきなりフル出場した。(Full-Count編集部)