オリックス株式会社、千葉道場ドローン部「Drone Fund 2号」へ出資

©株式会社自動車新聞社

オリックス株式会社は、ドローンを活用したサービスや社会システムの拡大、ドローン関連事業の知見を深め、ビジネス機会を獲得していくことを目的に千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合「Drone Fund 2号」へ出資、鎌倉インベストメントへ社員を派遣した。

Drone Fund 2号は、「ドローン前提社会」や「エアモビリティ社会」の実現を目指して2018年8月に設立された、ドローンに関連するスタートアップ企業への投資に特化した投資ファンドである。

オリックスは、グループ会社のオリックス・レンテックで、2017年よりドローンの販売およびレンタルサービスを展開。また、法人向けに「ドローン・トレーニングスクール」や空撮代行などドローンに関連したサービスにも取り組んでおり、経営資源とともに、ドローン関連企業とのパートナーシップを通じて、ドローン産業の発展に貢献していく考えだ。

国内のドローン市場は、2018年から2024年にかけて931億円から5,073億円と大きく成長すると予測されており(※出典:インプレス総合研究所「ドローンビジネス調査報告書2019」)、用途では、インフラの点検や農薬の散布、物流などの分野に加えて、空飛ぶ車などのエアモビリティ分野においても活用が期待されている。