校舎周辺きれいに

室蘭・喜門岱小児童がごみ拾い

©株式会社室蘭民報社

 室蘭市石川町の喜門岱小(22人、粟田真校長)の児童が7日、ごみ拾い活動「クリーン作戦」を実施し、室蘭署員とともに校舎周辺を清掃した=写真

 今年で10回目。児童21人が2班に分かれ、ゴム手袋とごみ袋を使い約1時間行った。空き缶やたばこの吸い殻のほか、掃除機やペンキ缶などを拾った。署員4人と道警学生ボランティア「ジャンパーズ」の男子専門学生も参加しサポートした。

 同小6年の橋愛莉さん(11)は「地域がきれいになってよかった。昨年よりごみが少なくなっているけど活動を続けたい」と話した。
(鈴木直人)