『わたし、定時で帰ります』4回 「私たちには給料日がある」に共感多数 夢が無いエンジニアに「人生の使い方なんて人それぞれ」と語る

©株式会社グローバルウェイ

画像は番組公式サイトのキャプチャ

「絶対に定時で帰る」がモットーのヒロインを吉高由里子が演じる『わたし、定時で帰ります』(TBS系)。5月7日放送の第4回は、会社に泊まり込むサービス残業社員、吾妻(演:江本時生)がストーリーの中心だった。「家にいてもやることがない」「才能も夢も楽しみもない」と言い放つ吾妻に、東山結衣(演:吉高由里子)が「給料日がある」と返した言葉が、ネット上で共感を呼んでいる。(文:篠原みつき)

会社の幹部と会食していた部長の福永(演:ユースケ・サンタマリア)は、自部署のメンバーがサービス残業していると指摘されてしまう。実は吾妻は、一度退勤してから再び出社し、会社で寝泊まりしていることが判明する。

「夢とかないんですか?ありますよね?」と悪気無く言われ…

吾妻は、サービス残業をやめるよう福永はじめ種田(演:向井理)や結衣にも注意されるが、聞く耳をもたない。吾妻の業務量は多くなく、ずっと仕事をしているわけでもないのに会社に入り浸っている。深夜に仕事をするため当然昼間は眠気に襲われ、明らかに効率が悪い仕事ぶりだ。

エンジニアとして技術も実績もあるのに、午前半休が多く愛想も悪いため評価が低い。長時間労働の悪い見本のような働き方で、身につまされる視聴者もいるのではないだろうか。

そんな中、派遣デザイナーの桜宮(演:清水くるみ)がヘルプとしてやってくる。親し気に接してくる桜宮に好意を持った吾妻は、効率のいい働き方を結衣に教えて貰い、定時に帰るようになるが――。

桜宮を食事に誘うと、彼女は「自分の実力を試してもっと上に行きたい」と望む上昇志向の強い人だった。吾妻に対しても「夢とかないんですか?ありますよね?」と悪気無く言ってしまうポジティブ思考の持ち主だ。吾妻は、自分に何も語るべき夢も希望もないことに引け目を感じてしまう。

折りしもその翌日、吾妻のミスが発覚する。桜宮を追って急いで定時帰りしたとき、確認が甘くなってしまったのだ。ミスは種田のフォローによって大事に至らずに済んだが、福永は吾妻に人格否定する説教をぐちぐちと続け、桜宮には失望した顔をされてしまう。結局吾妻は心が折れ、もとのサビ残魔に戻ってしまうのだった。

「何もない人生のこと考えると滅入る」に対して「給料日がある」

夜中、オフィスで一人仕事を続ける吾妻は、結衣からなぜ家に帰らないのか聞かれると、家に帰ってもやることがなく、「何もない人生のこと考えると滅入っちゃうから」と答える。「家に帰ってもやることがない」というセリフは佳菜子(演:シシド・カフカ)も言っており、必死に仕事ばかりしてきた人にありがちなことなのだろう。

吾妻は「将来どうなりたいわけでもないし、どうせ出世もできないだろうし、才能もないし夢もないし楽しみもない」と悲観的なことを言うが、結衣はこれに対して「給料日がある」と明るく答える。

「私たちには給料日がある。私はそれを楽しみに生きてるよ。意外とみんなそんなもんじゃない?」

と言い、結衣自身のやりたいことは、「定時で帰りビールを飲みドラマを見て、好きな人とおしゃべりをする時間を楽しめたら、それでいいかな」と明かした。

「その程度かって言われるかもしれないけど、私にとってそれが一番の幸せだから」
「やりたい事って別に大きな夢とか目標じゃなくても、自分の楽しめることなら何だっていいんじゃないかな。人生の使い方なんて、人それぞれだと思うんだよね」

と続ける結衣。たいした夢や目標がなくとも、自分の心と体を整えた上できちんと働き、ささやかな楽しみに使えるお金を得ることだけでも、実は尊いと気づかせてくれる言葉だ。心を動かされた人は多く、ネット上では「凄く的確で、心に沁みてしまった」「(将来を考えると不安になるけど)目の前の給料を楽しみに頑張った方がモチベ上がる気がする」といった共感の声が上がった。

働く意義は人それぞれだが、まずは「生活のため」があるだろう。しかし、人生それだけじゃつまらないと考えがちだ。もちろん夢や目標を持つ事が悪いわけではないのだが、長時間労働は心身を壊す恐れがあり、生産性も低いと社会が気づいた今だからこそ、普通に働くことを肯定する、結衣の言葉が心に沁みるのだ。