来季は彼らとCL優勝?C・ロナウドが獲得を希望する6選手

©フットボール・トライブ株式会社

昨夏レアル・マドリードからユベントスへと移籍し、すでにクラブの顔となったクリスティアーノ・ロナウド。セリエA初挑戦とは思えないパフォーマンスで、クラブのリーグ8連覇に大きく貢献した。しかし、彼は今シーズンに満足していないだろう。目標だったチャンピオンズリーグ(CL)優勝は若さと経験を兼ね備えたアヤックスに敗れたことで、達成できなかった。そんなC・ロナウドはスペイン誌『ドン・バロン』によると、6人の選手の補強を望んでいるとされている。今回はその6選手をご紹介する。


アドリアン・ラビオ

クラブ:パリ・サンジェルマン

パリ・サンジェルマンとの関係がこじれ、今シーズン限りでの退団が決定的となっているラビオ。代理人である厄介な母親と、それを制することのできない彼の未熟さが多くのネガティブな評判に繋がっているが、C・ロナウドはキリアン・ムバッペやネイマールといったレベルの高い選手たちとプレーしていた彼を評価しているようだ。ラビオの獲得はユベントスにとってもメリットがあるだろう。ミラレム・ピアニッチに依存気味なアンカーのポジションに新たなクオリティを与えることができるだろう。


タンギ・エンドンベレ

クラブ:オリンピック・リヨン

アミアンのリーグ・アン昇格に大きく貢献し、2017年にリヨンへ加入したエンドンベレ。多くのビッグクラブが彼の才能に注目している。マンチェスター・シティもフェルナンジーニョの後釜として、エンドンベレの獲得を目指しているとされている。そんな高い評価を受けているエンドンベレをC・ロナウドも高く評価しているようだ。ピアニッチとは違うタイプのボランチとして、ユベントスに新たな選択肢を与えることのできる選手となるだろう。


ポール・ポグバ

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドがCL出場権を逃したことで、減俸が決まったポグバ。レアル・マドリード移籍に向け、給与面で合意に至ったとされているが、まだシーズン中であり公式には何も発表されていない状況だ。ユベントスで自身のポテンシャルを最大限に発揮したポグバだが、ユナイテッドでは苦しい時間が長かった。ユベントスに復帰した場合、かつての輝きを取り戻すことができるだろうか。


マタイス・デ・リフト

クラブ:アヤックス・アムステルダム

バルセロナ移籍の可能性が高いとされているデ・リフトがバルセロナの副会長がそれを否定するような発言をしたことにより、彼に関する様々な憶測が飛び交っている。獲得を目指すどのクラブにも獲得のチャンスは残されているだろう。ユベントスがデ・リフトの獲得を実現できれば、高齢化の進む最終ライン(若い選手が頼りない)の大幅な強化となるだろう。頼みのジョルジョ・キエッリーニは34歳。若返りが必要だ。


イスコ

クラブ:レアル・マドリード

サンティアゴ・ソラーリ監督の下では構想外となっていたイスコだが、ジネディーヌ・ジダン監督の再就任により、再びその存在を重要視されている。ハマれば確かなクオリティをチームにもたらし、数多くのアイディアを提供するイスコ。ユベントスの攻撃の幅も増えるだろう。ただ、現在の状況でマドリードが手放すかは疑問だ。C・ロナウドはパウロ・ディバラの代わりに彼を望んでいるとされている。


ハメス・ロドリゲス

クラブ:バイエルン・ミュンヘン

レアル・マドリードからバイエルンにレンタル中のハメス。今シーズン限りでレンタルは終了となるが、バイエルンが買い取りオプションを行使するかは不透明だ。また、マドリードもバイエルンが買い取りオプションを行使しなかった場合、新たな買い手を探すとみられている。ハメスの恩師、カルロ・アンチェロッティ監督が率いるナポリが獲得に興味を示しているという報道もある。C・ロナウドはイスコ同様に、ディバラの代わりとして彼の獲得を望んでいるようだ。