【インド】関ペ子会社、地場企業と合弁設立[化学]

©株式会社NNA

関西ペイントのインド子会社カンサイ・ネロラック・ペインツ(KNPL)は7日、地場の建設用資材メーカーであるポリゲル・インダストリーズと合弁会社を設立すると発表した。資本金2億ルピー(約3億1,600万円)のうち、KNPLが60%に当たる1億2,000万ルピー、ポリゲルが40%に当たる8,000万ルピーをそれぞれ出資する。

合弁会社は、ポリゲルの主要事業の一つである建設用接着剤、建設用資材、シーラントに関する事業を手掛ける。

ポリゲルは1997年設立で、建設用資材の製造と販売を行う。インドとブルネイの5カ所に事務所、4カ所に工場があり、シンガポールに研究・開発(R&D)センターを持つ。