「無駄な負けだ」 ファン・ハール、アヤックスの逆転敗退をバッサリ

©株式会社コリー

『De Telegraaf』や『Inside』は「解説者のルイス・ファン・ハール氏は、アヤックスに苦言を呈した」と報じた。

8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、アヤックスはトッテナムに敗北してファイナルへの切符を逃した。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

1点のリードを持って試合に入り、さらに前半には2点を決めるという願ってもない展開ながら、後半にルーカス・モウラのハットトリックを許して逆転負け。しかも3点目はアディショナルタイム5分が過ぎたところで、あとワンプレーで終了というタイミングだった。

『Ziggo Sport』で解説を務めたファン・ハール氏は以下のように話し、戦術的なミスを指摘したとのこと。

ルイス・ファン・ハール 「フェルナンド・ジョレンテの投入は、ハーフタイムを終えてから大きな違いを生んだ。彼は大型のストライカーで、最前線で完璧な起点になった。

マタイス・デ・リフトとダレイ・ブリントは彼に苦しめられた。そしてトッテナムの中盤との連携を作られた。アヤックスのディフェンスは機能していなかったね。

この負けは本当に残念だ。ハーフタイムに2-0だったときまでは何も問題なかった。

後半トッテナムはよりリスクを冒して攻撃し、ピッチ内にアタッカーを加えてきた。

【関連記事】注目するなら今!アヤックスが誇る「6人のワールドスター候補生」

アヤックスはそのフェイズでボールポゼッションにおいて間違った選択をしてしまった。バランスも適切ではなかった。

トッテナムが決して諦めなかったことは賞賛に値する。しかし、これは全く必要性のない敗北だった」