「残酷すぎる」 アヤックス監督、トッテナム戦の敗因は

©株式会社コリー

『telegraaf』や『VI』など各メディアは、アヤックスのエリック・テン・ハーフ監督のコメントを掲載した。

8日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグで、アヤックスはトッテナムを相手に2点を先行するも、その後3点を取り返されて逆転を許す。しかも後半アディショナルタイム5分でゴールを決められるというショッキングな敗退となった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

テン・ハーフ監督は以下のように話し、3点目を取ることが出来なかったためにこの結果を招いたと悔やんだという。

エリック・テン・ハーフ 「我々は決勝進出に値した。不注意だった。選手には『まだ終わっていないのだから落ち着くように』と伝えていた。

トッテナムが逆転を信じていることはみんながわかった。あの雰囲気を見ればね。試合をコントロールし続けなければならなかったが、ますます難しいものになっていった。

後半、トッテナムはより日和見的にプレーし始めたので、我々はカウンターアタックでいい形が作れるようになった。

しかし、我々は3点目を決めることが出来なかった。チャンスはあったが出来なかった。そして、最後の1秒で負けることになった。我々はライオンのように戦ったが…残酷だ。

【関連記事】アヤックス、来季メガクラブに引き抜かれそうな3人の秀才

だが誰の責任でもない。我々は素晴らしいチャンピオンズリーグのシーズンを過ごし、チームとして大きく成長した。

この経験に対処するのは難しい。時間がかかるものだが、日曜日にはユトレヒト戦が待っている」