11日に人気の朝市

壮瞥高校

©株式会社室蘭民報社

 壮瞥高校(宮本匠校長、67人)の朝市が11日午前10時から、壮瞥町滝之町の同校第1農場で開かれる=写真は昨年。生徒たちが授業で丹精込めた花や野菜の苗約1万1千株を販売する。

 今回は花が5千株、野菜は6千株それぞれ販売する。種類は花がペチュニアやサルビア、マリーゴールド、パンジーなどで1鉢70円。野菜はトマトやナス、ピーマンなどで1鉢80円。カボチャとメロンは1鉢150円。

 遠方から大勢の人が来場する人気行事。生徒たちが水や肥料などを与えており、その品質から来場者も安心して購入しているという。

 当日は入場整理券を配布する。同校は「来場時は職員の誘導に従ってほしい」と呼び掛けている。雨天時は体育館に会場を変更する。

 山川直樹教頭は「生徒たちが手間ひまを掛けて一生懸命育てている。生徒の愛情がこもった苗を購入いただき、来場したお客さんに少しでも喜んでほしい」と話している。

 問い合わせは同校、電話0142・66局2456番へ。
(池田勇人)