藤井七段が令和初白星

将棋の王将戦予選

©一般社団法人共同通信社

藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は9日、大阪市の関西将棋会館で指された第69期王将戦1次予選4組の準決勝で北浜健介八段(43)を破り、令和になって初の対局を白星で飾った。

 タイトル戦の王将戦は1次予選、2次予選のトーナメントを勝ち抜いた棋士とシードされた7人でリーグ戦を行い、挑戦者を決める。