マカオ、公共路線バスの利用者数が単日過去最多を記録…労働節ホリデー期間中の5月2日に73.2万人…今年の1日平均では61.5万人

©大航海時代新聞出版社有限公司

労働節ホリデー期間中、マカオの公共路線バス運営会社は増発や大型バスの投入、臨時路線の開設等で対応した(写真:DSAT)

 マカオ政府交通事務局(DSAT)は5月9日、前週の労働節ホリデー期間中にあたる2日の公共路線バス利用者数が73.2万人(延べ、以下同)となり、過去最多を更新したと発表。3日についても72.2万人で、前年同時期との比較で2割増だったとのこと。

 また、今年1月1日から5月4日までの1日あたり平均乗客数は前年同時期から5%増の約61.5万人だったとした

 労働節ホリデー期間中は大量の旅客がマカオを訪れると予想されていたことから、既存路線の増発及び大型バスの投入、中国本土とマカオの主要な陸路の玄関口となる關閘イミグレーションと世界遺産が密集する歴史市街地区に近くマカオ半島中心部のバスターミナル及びカジノIR(統合型リゾート)が建ち並ぶコタイ地区との間を結ぶ臨時路線の開設、主要バス停への案内スタッフの派遣などを通じて対応したという。

 DSATでは、今後も大型連休等に向けたサービス改善策を運営会社と連携して模索していくとしている。

 マカオは面積約32平方キロ、人口約66万人のコンパクトサイズの都市だが、昨年のインバウンド旅客数は過去最多となる約3580万人にも達した。マカオ治安警察局の発表によれば、今年の労働節ホリデー3日間(5月1〜3日)のインバウンド旅客数は前年同時期から37%増となる53.2万人を記録。中国本土からの旅客が42.7%の大幅増となり、全体の82%を占めた。

 現在、マカオには大量輸送を可能にする軌道系交通機関が存在しないことから、公共路線バスとタクシーが市民や観光客の移動にとって重要な移動手段となっている。目下、マカオ初の軌道系大量輸送機関となるマカオLRT(新交通システム)が建設中で、年内にもタイパ線が開通予定とアナウンスされている。