大津の事故受け登校児童を見守り 笠岡署が通学路で注意促す

©株式会社山陽新聞社

登校児童の見守り活動を行う笠岡署員やボランティア

 保育園児の列に車が突っ込み、園児と保育士が複数死傷した8日の大津市の事故などを受け、笠岡署は9日朝、管内の通学路で登校する児童の見守り活動と交通指導取り締まりを行った。

 春の交通安全県民運動(11~20日)に先駆けて実施。交通量が多い笠岡小(笠岡市笠岡)前の交差点には、同署員や市職員、地域のボランティアら約20人が立ち、横断歩道を渡る児童らに注意を促すとともに、のぼりを掲げて道行くドライバーらに安全な走行を呼び掛けた。

 この日、同署は中央小(同市八番町)周辺でも見守り活動に取り組み、パトカーによる巡回も行った。同署の柳澤宏道交通課長は「日ごろ行っている学校での交通安全教室や街頭活動を強化し、全国的に相次いでいる悲惨な事故の防止に努めていく」と話していた。