活動停止処分のライオラ。顧客で組んだベストイレブンが凄まじい…

©フットボール・トライブ株式会社

イタリアサッカー連盟(FIGC)から3ヶ月の活動禁止処分が言い渡されたミノ・ライオラ氏。多くの代理人が徒党を組んで活動する中、一匹狼のスタイルで辣腕を振るうサッカー界屈指のやり手として知られている。今回はそんなライオラ氏の顧客で組んだベストイレブンをご紹介する。


GK:ジャンルイジ・ドンナルンマ

クラブ:ミラン

やはりGKにはミランの守護神ドンナルンマだろう。弱冠20歳ながら、セービング、落ち着きはベテラン選手顔負け。ミランを最後方から支えている。


SB:ケニー・テテ

クラブ:オリンピック・リヨン

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で旋風を巻き起こしたアヤックス出身のテテ。リヨンでも結果を残し、オランダ代表にも見事選出された。


CB:コスタス・マノラス

クラブ:ローマ

ローマの守備陣を中心で支えるのがマノラス。対人戦に強く、空中戦にも強い。速さもあり、足元の技術もさほど悪くはない。クリスティアーノ・ロナウドは彼をユベントスに呼びたいと噂されている。


CB:マタイス・デ・リフト

クラブ:アヤックス・アムステルダム

若手最高のCBと呼び声の高いデ・リフト。今夏の移籍市場でビッグクラブに引き抜かれるのは間違いないとされている。キャプテンとしてアヤックスをCL準決勝に導いた。


SB:ルカ・ペッレグリーニ

クラブ:カリアリ

ローマ下部組織出身で、現在はカリアリにレンタル中のペッレグリーニ。来シーズンはベテランのアレクサンダル・コラロブからスタメンの座を奪えるだろうか。


MF:マルコ・ベッラッティ

クラブ:パリ・サンジェルマン

PSGの中盤で最も欠かせない選手がベッラッティだ。3バックでも4バックでも抜群のテクニックとポジショニングでマークを外し、チームを機能させている。


MF:ポール・ポグバ

クラブ:マンチェスター・ユナイテッド

ユナイテッドで失いかけた輝きを取り戻そうとしているポグバ。今夏の移籍が噂されており、レアル・マドリードへの加入が濃厚とみられている。


MF:ブレーズ・マテュイディ

クラブ:ユベントス

32歳となった現在でもユベントスで存在感を発揮するマテュイディ。運動量だけでなく、攻撃時にはサイドにまで顔を出し、ユベントスの攻撃に厚みを出している。


FW:ヘンリク・ムヒタリアン

クラブ:アーセナル

今シーズンはチーム内で絶対的な地位を築けてはいないものの、彼の怖さは健在だ。絶妙なポジションでボールを受け、自身で運びながらシュートもパスも選択できる。実は5ヵ国語を操るマルチリンガル。


FW:モイーズ・キーン

クラブ:ユベントス

今シーズンから徐々に先発に選ばれ始めているキーン。少ないチャンスをものにして、ブレークの時を迎えようとしている。爆発的なスピードと決定力は申し分ない。


FW:ズラタン・イブラヒモビッチ

クラブ:ロサンゼルス・ギャラクシー

37歳となった今でも、衰え知らずなイブラヒモビッチ。MLSでも相変わらずのイブラ節を炸裂させている。契約延長に際し、覚悟を見せたクラブへの義理を果たすパフォーマンスに期待したい。