CLで活躍したブラジル人選手!通算得点ランキング

©フットボール・トライブ株式会社


チャンピオンズリーグ準決勝 アヤックス対トッテナム・ホットスパーの一戦は、ブラジル人FWルーカス・モウラのハットトリックでトッテナムが勝利し、決勝進出を決めた。そこで、今回はCLで活躍したブラジル人選手にフォーカス。ブラジル人限定のCL通算得点ランキングをご紹介したい。


4位:マリオ・ジャルデウ

CL通算得点:25ゴール

ポルトやガラタサライでプレーした元ブラジル代表フォワード。スーパーマリオの愛称で親しまれ、ガラタサライで2000年にUEFAスーパーカップを制覇した。


4位:ジオバネ・エウベル

CL通算得点:25ゴール

クラウディオ・ピサロ、ロベルト・レバンドフスキに抜かれてしまったが、ブンデスリーガ外国人最多得点記録を持っていた。バイエルンでは169試合92ゴールの成績を収めた。


3位:リバウド

CL通算得点:27ゴール

バルセロナに所属した1999/2000シーズンには、CLの14試合で10ゴールを記録する驚異的な活躍を見せ、1999年のバロンドールを受賞した。ミラン在籍時の2002/2003シーズンにはCL制覇を果たしている。


2位:カカ

CL通算得点:30ゴール

2006/2007シーズン、準決勝マンチェスター・ユナイテッド戦で伝説のゴールを決め、決勝リバプール戦でもアシストを記録。13試合で10ゴール4アシストという圧倒的な活躍でミランをCL王者に導いた。


ネイマール 写真提供:Getty Images

1位:ネイマール

CL通算得点:32ゴール

CLブラジル人最多のゴールを記録しているのは、まだ27歳のネイマール。2014/2015シーズンには12試合で10ゴールを記録し、CL制覇に大きく貢献した。PSG移籍後も、1年目に7試合6ゴール、2年目に6試合5ゴールと文句なしの個人成績を残しているが、チームは2季連続のベスト16で敗退している。