10月4日(金)日米同日公開決定!『ジョーカー』ゾクゾクする特報&ポスタービジュアル到着!

©株式会社WOWOW

「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」 一人の男が、巨大な悪へと変貌していくDCコミックスを代表するヴィランでバットマンの宿敵を描く『ジョーカー』が、10月4日(金)より日本公開することが決定。併せて特報映像とポスタービジュアルが解禁となった。

いかにして"ジョーカー"は生まれたのか―。アーサー・フレックは、「どんな時も笑顔で」そして「人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きていた。そんな彼がピエロの格好をし、地下鉄の車内で一人突如大爆笑するインパクト大のシーンからスタートする特報映像が今回解禁となった。[笑いの仮面をかぶれ]というキャッチコピーと共に、映像の中の唯一のセリフ「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」の言葉に胸が張り裂けそうな男の悲しい想いが象徴され、見る者をゾクゾクさせる。

これまでも"ジョーカー"というキャラクターは、ジャック・ニコルソン(『バットマン』)やヒース・レジャー(『ダークナイト』)、ジャレッド・レト(『スーサイド・スクワッド』)などが演じてきている。本作では、映画『グラディエーター』や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』などで3度のアカデミー賞ノミネート実績を持つホアキン・フェニックスが扮する。

また共演者には、オスカー俳優ロバート・デ・ニーロ(『ケープ・フィアー』)やザジー・ビーツ(『デッドプール2』)、ブライアン・カレン(『ママと恋に落ちるまで』)、シェー・ウィガム(『エージェント・カーター』)、ブレット・カレン(『ゴーストライダー』)らが名を連ねている。

メガホンをとるのは、『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。監督と共に脚本を手がけるのは『ザ・ファイター』でアカデミー賞脚本賞にノミネート経験もあるスコット・シルバーが務める。

孤独な男アーサー・フレックが狂気の"ジョーカー"へと変貌を遂げていくDC映画最新作『ジョーカー』は、日米同日10月4日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo: