外国人男性が拳銃自殺か、佐世保

米海軍基地近く

©一般社団法人共同通信社

 10日午前0時ごろ、長崎県佐世保市の米海軍佐世保基地に隣接する公園で、外国人の男性が拳銃のようなものを手にしたまま死亡しているのを、県警佐世保署員らが発見した。他にけが人はいなかった。佐世保署は拳銃で自殺したとみて身元の特定を急いでいる。

 佐世保署によると、9日午後11時35分ごろ、米海軍佐世保基地から「自殺をほのめかしていた軍人がいなくなった」と同署へ連絡があり、米海軍とともに行方を捜していた。男性は灰色のジャンパーを着て、頭から血を流してあおむけに倒れていたという。

 現場の公園はJR佐世保駅から北西に約1キロメートルで、繁華街にも近い。