元交際相手を待ち伏せ脅迫監禁 容疑で男を再逮捕 女性が通報、以前から相談受けていた県警が捜索して発見

©株式会社埼玉新聞社

寄居署=寄居町桜沢

 元交際相手の女性に執ようにメールを送り付けたとして男が逮捕された事件で、埼玉県警捜査1課と人身安全対策課、寄居署は9日、逮捕監禁の疑いで、群馬県太田市福沢町、無職の男(40)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は4月16日午後5時40分ごろ、小川町高谷の路上で、県北部に住む元交際相手の20代女性を自身の車に乗せ、千葉県神崎町大貫の駐車場まで走行。翌17日午前10時40分ごろまでの間、車内で脱出困難にして逮捕監禁した疑い。「女性と話したかった」などと供述しているという。

 捜査1課によると、男は女性の車が通る通勤経路で待ち伏せ、自身の車で約320メートル追跡。前に割り込んで止めさせた上で、持ってきた金属バットで運転席の窓ガラスを割り、家族を殺すなどと脅迫した。

 女性は連れ去られる際に110番。県警は女性から別れ話のもつれで相談を受けていたことなどから、元交際相手の男と女性の行方を捜索。4月19日午前に千葉県内で発見し、ストーカー規制違反容疑で逮捕していた。