拉致解決へ日米で連携

菅氏、ポンペオ氏と確認

©一般社団法人共同通信社

会談前にポンペオ国務長官(右)と握手する菅官房長官=9日、米ワシントンの国務省(共同)

 【ワシントン共同】菅義偉官房長官は9日午後(日本時間10日午前)、米ワシントンの国務省でポンペオ国務長官と会談し、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けて日米で緊密に連携していく方針を確認した。菅氏は、安倍晋三首相が前提条件を付けずに金正恩朝鮮労働党委員長と会談を目指すと伝達。両氏は国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を完全履行する方針で一致した。

 菅氏は、ワシントン郊外の国防総省でシャナハン国防長官代行とも会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を含め、米軍再編と沖縄の基地負担軽減を着実に実施すると申し合わせた。