北方領土の元島民ら国後へ出発

本年度ビザなし交流の第1陣

©一般社団法人共同通信社

「ビザなし交流」で北方領土の国後島へ出発する日本側訪問団の人たち=10日午前、北海道・根室港

 北方領土のロシア人住民と日本人の元島民らが相互に往来する「ビザなし交流」の日本側訪問団約60人が10日、国後島に向けて船で北海道・根室港を出発した。訪問団は本年度のビザなし交流の第1陣で、13日までの日程でロシア人住民宅や日本人墓地を訪れる。

 船は午前9時半ごろ出港。地元住民らが「いってらっしゃい」と声を掛けると、元島民らは手を振って応じていた。国後島の元島民で団長を務める大塚小弥太さん(89)は「島の現状を自分の目で確かめたい」と話した。

 ビザなし交流は、相互理解を目的として1992年に始まった。