米韓、対北朝鮮で作業部会を開催

飛翔体や食料支援巡り協議

©一般社団法人共同通信社

 【ソウル共同】米韓両国は10日、北朝鮮のミサイルなどの発射や、国連機関から深刻な食料不足に陥っていると指摘された北朝鮮への人道支援策を協議するため、米国のビーガン北朝鮮担当特別代表や韓国の李度勲朝鮮半島平和交渉本部長らによる作業部会をソウルで開催した。

 米政府は北朝鮮が9日発射した飛翔体は複数の弾道ミサイルだったと断定したが、ビーガン氏はミサイルに関し記者団の質問に答えなかった。

 文在寅政権が意欲を示す食料支援の議論を早急に進めた場合、韓国内の反発も予想される。

 作業部会は、韓国側から外務省と国防省、統一省が、米側から財務省と国務省、国防省が参加した。