日ロ外相、北方領土巡り会談へ

共同経済活動具体化へ調整

©一般社団法人共同通信社

 【モスクワ共同】河野太郎外相は10日午前(日本時間同日午後)、北方領土問題を含む日ロ平和条約締結交渉を巡り、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談する。ロシア側が強硬姿勢を崩さない中、条約締結の環境整備策と位置付けられる共同経済活動の具体化へ調整を図る見通し。領土交渉自体の前進につなげられるかが焦点だ。両氏は、会談後に共同記者発表に臨む。

 会談は、1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速するとの首脳合意を受けた新たな交渉枠組みの責任者として3回目の協議。