日販コンピュータテクノロジイ、小学校向けプログラミング教材「plusプログラミングシリーズ」発売

©株式会社翔泳社

日販コンピュータテクノロジイは、学校図書との協力によって開発した小学校向けプログラミング教材「plusプログラミングシリーズ」を、5月に発売する。

「plusプログラミングシリーズ」は、東京都教育委員会指定のプログラミング教育推進校を中心とした10校以上の小学校にて実証実験を行い、教育現場の声を開発に反映させることで、はじめてプログラミング教育を導入される学校でも扱いやすく、さらに児童がテキストを見ながら学習を進めることで、学びが深まる授業を実現するプログラミング教材。

Scratchを利用した「はじめてのスクラッチプログラミング」と、ロボット・プログラミング教材「こくり」エデュケーションセットの2種類を用意しており、それぞれ発達段階に合わせた児童用テキストと、授業の進め方を示した教師用指導書、授業で使えるスライドやワークシートを提供する。

「はじめてのスクラッチプログラミング」は、国語、算数など教科の授業にプログラミング体験を取り入れることが可能で、はじめての児童でも取り組みやすいよう、キャラクターや図形の基本的な動きを指示できる「基本ブロック」を開発した。

税別価格は、児童用テキスト(1~2年生用、3~4年生用、5~6年生用)は各500円、教師用指導書(全学年共通)が1000円。

「こくり」エデュケーションセットは、総合的な学習の時間での活用が可能で、手の動きや画像表示、音声認識などの機能を活用してさまざまな表現ができるので、チームで試行錯誤しながら作り上げていく協働的な取り組みに適している。

「こくり」(本体+タブレット端末)×10台、児童用テキスト(3~6年生用)×10冊、教師用指導書(3~6年生用)×2冊で構成される、1か月レンタルサービスの税別価格は7万9800円。