カントリー音楽祭が幕、熊本

阿蘇山麓で30年、国内最大級

©一般社団法人共同通信社

記者会見し、音楽イベント「カントリーゴールド」をPRするチャーリー永谷さん(右)ら=10日午後、熊本県庁

 熊本県の阿蘇山麓で平成の始まりと共に毎年続いた国内最大級のカントリー音楽イベント「カントリーゴールド」が、今年10月20日で幕を閉じる。実行委員会会長を務めるカントリー歌手、チャーリー永谷さん(83)=熊本市=が10日、県庁で記者会見し「30年の感謝を伝えたい」と来場を呼び掛けた。

 カントリーゴールドは日米の文化交流を目的に1989年に始まり、翌90年からは毎年10月の第3日曜日を「約束の日」と銘打って、南阿蘇村の県野外劇場「アスペクタ」で開催してきた。昨年で30回の節目を迎え、国際交流に一定の成果が得られたとして、今年で終えることにした。